• ¥ 5,000 SOLD OUT
  • 【日時 2020年7月2日(木)19:00~21:00】 県内に87のマイクロブルワリーが点在する全国一の酒どころ新潟県。 地域の自然や歴史に寄り添い、銘酒を醸し続ける小さな酒蔵の社長から 地酒が生まれる風土の魅力や酒造りのストーリーを、首都圏に居ながら 楽しめるバーチャル酒蔵見学会です。 初回は上越市柿崎区に元禄10年(1697)に創業した 頚城酒造(くびきしゅぞう)の八木社長が登場。 日本海に面し、海から30分ほど車を走らせれば、 平成名水百選の「大出口泉水」が湧く尾上岳がある、 海も山も田もある自然の宝庫・柿崎。 酒が生まれる柿崎の地の魅力、そこに湧く名水を使った酒造りの工程や思いを 映像を交えながら八木社長にお話しいただきます。 質問タイムや意見交換など、社長との交流もお楽しみいただけます。